2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンになった時期に関するアンケート結果

2016/06/25 Sat

去る6月20日~23日にかけて、Perfumeのファンになった時期についてツイッターの機能を使ってアンケートを実施しました。
思いがけず多くの方に回答いただきありがたい限りです。
せっかくなので記録に残しておこうと思います。



そもそも何でこのようなアンケートをしたかというと、この前COSMIC EXPLORER 徳島公演に参加した際、ファン層が若くなっていることを実感したから。
ほんと、若い子多かったです。




本当はもっと細かく年齢を区切ってファン層の分布を出したいところでしたが、あまりたくさんアンケートをツイートしてもサンプル数にばらつきが出そうな気がしたので、割とざっくりとした質問にしました。










・10・20代:731票、30・40代:333票、50代~:187票
総サンプル数1251(ネットってすごい!!)
集計結果



・ネット上で集めたので若い世代のサンプル数が多くなった傾向は少なからずあるかと思います。
(※)50代以上の方でツイッターをしていてアンケートに答えるノリがある方と、10・20代のそれとは母数が全く違うと想像されるので、世代間のサンプル数の差をそのままファンの数の差だすることは出来ません。

・機能上、選択肢は4つまでしか作れませんので、以下のように区切りました。
①~2006年(ポリ以前) → いわゆる、古参
②2007~2009年(ポリ~ワンコ) → ブレイク時、ポリ新参
③2010~2011年(不自然~スパイス) → 自分がファンになった時期なので知りたかった。JPNらへん。
④2012~(Spring of Life~) → Universal移籍後。LEVEL3あたりからのファン。





結果をまとめたものがこちら↓

Perfumeファンになった時期

・どの世代を見ても2007年~2009年のブレイク時に多くの人がファンになっていることがわかります。
一応、“Perfumeファンの方々”にお聞きしたアンケートだったので、ブレイク時から未だにファンで居てくれる人がこんなにもいること、嬉しく思います。←どの立場なんだか(笑)

・10・20代の半分近くは2010年以降のファンで、30・40代のファンとはかなり差が見られます。
私がそうだったので記憶に残るだけかもしれませんが、以前から、2010年にファンになったという人が割といる気がしていました。
NATURAL BEAUTY BASICとのタイアップ、PSなど女性雑誌での連載など、若い層、女性を意識したプロモーション活動が功をそうしたのでしょうか。
いつか男女比の推移みたいなものも調べてみたいですね。

・50代~の方で2010年以降にファンになった方も41%いて、それが意外でした。
これは完全に想像ですが、ネットや音楽情報にあまり触れない方でもPerfumeに気付く機会が増えてきたからではないかと。
MJ、紅白、CM起用など一般に目にする機会が増えてきて一般に広く知れ渡ってきたことの表れではないかなと思っています。


以上がアンケートの結果そのままを考察したものです。




以下はアンケートからの推定です。
上(※)で述べたように、このツイッター上での結果をそのままファンの割合に置き換えることは出来ないという前提のもとではありますが、世代間のファンの数の累計グラフも作ってみました。

ファン数累計

累計だから上がっていくわけですが。
10・20代の折れ線の角度は他の世代よりも急ですから、そこに活路はあるのでしょう。
既存のファンも見捨てんでね(´;ω;`)笑
お金を落としてくれるのはおじさんファンだったりするよ(´;ω;`)笑

実際には抜けていく人もいるわけで。
角度は緩やかになってでも、ファンの累計が増えていくような活動が長く続けられるように願っています。



志村さんの温かい言葉を思い出しました。

(目標を叶えた後の不安感についての相談に対して)
shimuken.png

shimuken02.png

shimuken03.png

namida01.png

もうそんなに急にステップアップする必要ないんだってさ、あ~ちゃん。
だからそんなに背負い込まなくていいんだよ。
MSG応援してるけど頑張りすぎないでね。

私たちとしては、ファンの数だけではなくPerfumeの勢いとしても、右肩あがりを支えられるファンで居たいものですね。
少なくとも右肩を下げるような行動はしないようにしよう、、、

もうひとつアンケート取ったのですが、それはまたの機会に考察します。
アンケートにご協力いただいた方、また、この記事まで読んでくださった方、本当にありがとうございました!!





どうでもいい話ですが、こういう円グラフ作っているとき、

ClpBEgKUoAA-JCh_20160625181630af6.jpg


これを思い出しました(画像は拾い画です)

B-AGxdlCAAA6u3C.jpg

1251人の回答者のみなさーん!!
私たちこんなに寝てばっかの人のファンなんですって!!(注:一人のメンバー)


この変わらなさが累計ファンを増やす秘訣なんですね、のっ○さん!!\(^o^)/笑

ライブに行く理由

2016/06/01 Wed

どうして長い距離を越えてはるばるライブに出向くんだろう。

どうして困難があっても行ってしまうんだろう。

なにが駆り立てるの?

あなたの理由はなんですか?




熱狂が過ぎ去った今でもやっぱりライブに足を運ぶ理由。

それをチームPerfumeが10th Anniversary special CMにて、それはもう、明確に言い表してくれていました。




こんな素晴らしいCM作ってくださったエーザイさんには感謝しか有りません。
きっと節目節目で見返すCMとなるのでしょう。








20160529ha04.png








そう、私はこれを感じるために、確かめるためにライブに行くんです。





「WE ARE Perfume」

私がPerfumeで、Perfumeが私で。
自己とPerfumeとの融合を感じられる最たるものがライブで、それを求めて向かうのかも知れません。
上手く言えないけど、そんな感じ。

伝えたい、そして受け取りたいの想いが重なり合う場だからでしょうか。







その場に居られることが誇り。
うんうん、その感情すごく共感します。
でも普通の人はそんな感覚ないですよ?気持ち悪いですねオタクって( ̄ー ̄)笑




あなたにとってはどうですか?
きっと皆さんには皆さんのライブへ行く理由があるのでしょうね。

それぞれの理由を持って、それぞれの会場へいざ向かわん!
盛り上がって行きましょー(^O^)/

変化する者に○

2016/03/14 Mon

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。



幼いころ、初めての長崎旅行でオランダ村へ行ったことがあります。
家に飾るためにお土産として風車と少女がかたどられた、白い磁器製の置物を買って帰りました。

家に帰ってわくわくとしながら包んでいたクッション材をはがした瞬間、手が滑って置物は床へ。
風車の羽の部分がぽっきり折れてしまいました。

幼心に早めに告白した方が怒られないのではと思い、まだ玄関で荷解き中の母に恐る恐る報告したのを覚えています。
よっぽど悲壮感に溢れていたのか、怒られるどころか慰められました。
「諸行無常というんだよ。形あるものはいつか必ず壊れるから。」

小学校低学年だったと思うのですが、そのときに実感を伴って学んだ無常観というものは私の心に深く刻まれました。
変わらないものはない。
壊れないものはない。


こうして割と悟った(ような顔をして)生活してきましたが、先日ふと自分の心境についても無常を感じたのです。
さっきのは悲しい無常、これは良い無常(笑)





何があったわけでもなく、また、あったとしても些細なきっかけだったりするのでしょうが、人の気持ちは変わります。
少しずつ変わっていて、ふと気が付けば数年前の望みとは真逆のことを平気で思っていたりする。
その時の気持ちは本物なのだから、何が正しいとかはではなく、モードの問題。
波があって良いし、変わっていいし、元に戻っていいし。

だから「常に柔軟で柔らかい人でいたい」というあ~ちゃんの27歳の抱負はいいなと思いました。
そうして思ったことを言葉にして整理することは大事だと思ったので、こうして私も書き綴っています。

無常だから、Perfumeに対してでも「一生ファンです!」なんて言えないけれど、今のところはやっぱり好き。
好きだったり、そうでもなかったり、嫌いだったり、気になったり、どうでもよかったり、柔軟でいいんじゃないでしょうか。
いいかげんなファンですかね?




一方で変わらないものは尊いという価値観もあります。
先祖伝来、創業は寛政、頑固一徹、昔ながらの製法で…云々

先日プロフェッショナルで最後の職人特集をしていました。
ニッチな部分で活躍されている職人さんたちで、その方たちが業界で最後ただ一人のプロフェッショナル。
店を畳んだらその道具は今後生み出されなくなるという状況で孤独に、寡黙に、静かに闘う職人さんたちはそれは崇高な存在に思えました。

しかしそうなる前にどうにかならなかったものでしょうか。
この現代のとてつもなく早い時流の流れを読めず、自らの技を磨くことに専念していたら商売自体が窮地に立たされていたのではないでしょうか。
不運ではあるとは思いますが、次の世代を育めなかった、育まなかったのもまた自分たちの選択だと思うのです。


変わらないものは危ないです。

だからPerfumeにも変わり続けて欲しいのです。
常に予想の斜め上を行ってほしいし、期待値を軽々越えていってほしいのです。
わがままだけど、長く活動してほしい私の本当の気持ち。

「COSMIC EXPLORER」のジャケット然り、ビジュアル的にももう少し冒険していってもよいと思うのです。
物言うファンは面倒くさいのでこれ以上は言いません。
2016031401.jpg


とは言いつつ、いつも通り楽曲もツアーも期待しています。
期待を越えていってくれるだろうという予想もしています。


予想の斜め上といえば、今回の地方ばかり、九州なしのツアーも予想の斜め上でしたね。
ショックは大きかったですが、逆に良かったかもしれません。
おかげさまで徳島初上陸、思い出深いライブになること間違いなしですから。




自分の考えばかり、失礼しました!(かつ辛辣)
次はもう少しPerfumeの情報的なもの入れるように努力していく所存です!たぶん、きっと!(`・ω・´)
カレンダー
プロフィール

ぷなしめじ

Author:ぷなしめじ
このブログにたどり着く時点であなたはすでにパフュオタなのです!! (`・ω・´)ゞ
さあさあ一緒にPerfumeを支え、Perfumeに支えられましょう!
ハマればハマるほどあなたの生活もGLITTER☆
楽しいですよぉー♪

ファンの新規開拓にちょっとでも役立てばいいなと言う目線でのちブロに負けない程度の頻度で書いていければと思ってはいます!!

最新記事
最新コメント
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
名前だけでも覚えて帰ってね
twitter
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

Perfume酔い_かもしれない

syncopation!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

まさかPerfumeにハマるとは

oxipeltum

MUSIC MONSTERs

Perfume 後方支援小隊

とある四国のPerfume Fan  

Perfumeとその他

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

Pの香りに魅せられて。

P波・S波・M派
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。