2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COSMIC EXPLORER ライナーノーツ

2016/03/24 Thu

ライナーノーツ(英: liner notes)またはライナーノートとは、音楽レコードや音楽CDのジャケットに付属している冊子等に書かれる解説文をいう。 通常はアーティスト本人ではなく音楽ライターやレコーディング関係者などによって執筆される。 転じて、それらが記載された冊子自体を指す場合もある。

参照:wikipedia【ライナーノーツ】



ライナーノーツって??でしたが、解説ってことなのですね。
一曲一曲ライターさんが解説してくださってますが…

20160324000001080.jpeg
収録曲/ライナーノーツ

宇宙の荒野を進む艦隊??
宇宙の探査??
少数部族の歌声??

それ本当にPerfumeのアルバムですか?
この前公開されたからってちょっとスターウォーズに引っ張られてやしません??

と不安になりましたが、そもそも

COSMIC(宇宙の) EXPLORER(探検家)

というアルバム名なので、そういうイメージで間違いないのですね。


そう分かったところで、ライナーノーツをじっくり物語を読むように、想像力を働かせながら読み解くと、凛々しく前を向いた3人が乗り込んだ艦船が薄暗い未開地を進んでいく光景が眼前に浮かぶようです。
道無き道を進む3人。
世界に出て行く時の心持ちはさながら宇宙へ行くような覚悟が必要だったのかもしれません。


少々脱線しますが、艦船といえばこの動画を思い出しました。


やっぱり泣ける…(;_;)




話を元に戻して。
ここまでぶっ飛んだ?というか、はっきりとしたテーマを持ってアルバムを出すのは初めてでは無いでしょうか?
曲順を見ると意図がよく分かります。
これまでのアルバムでは1or2曲目には力のあるシングル曲を持ってきて、聴き手の心を掴む役割を果たしていました。


GAME
2016032400154081a.jpeg


トライアングル
20160324001542f63.jpeg


JPN
20160324001543b90.jpeg


LEVEL3
20160324001544eb2.jpeg



ところが、COSMIC EXPLORERの曲順はと言うと…
20160324001546a54.jpeg



アルバムの世界観を確立するためでしょうか、6曲目までシングル曲は無く。
その後にシングル曲が来るものの、

7.Sweet Refrain(Album-mix)
9.TOKIMEKI LIGHT(Album-mix)
10.STAR TRAIN(Album-mix)


とmix曲で、これもアルバムの世界観に沿うようにアレンジされているのだろうと予想します。


個人的には10曲目のSTAR TRAIN(Album-mix)でアルバムは一旦終わりだと思っています。
エンディング感の強い曲で一旦終わらせる。

その後、

11.Relax In The City
12.Pick Me Up
13.Cling Cling(Album-mix)
14.Hold Your Hand

という、今回のアルバムの世界観から外れた曲たちはあえて固めて後ろに持ってくることで別の括りという意味合いを出したのでしょう。


これはある意味挑戦ではありますが、シングルを最初に持ってこなくても興味を持って聴いてくれるだろうとファンへの信頼の表れとも取れるのでは無いでしょうか(^-^)


いいですね、自分で書きながらどんどんと期待値上がってきましたよ‼︎笑
楽しみにしてます、COSMIC EXPLORER!!
スポンサーサイト

ちはやふる感想

2016/03/22 Tue

ちはやふる、公開初日に観てきました。
感想はというと、とにかく主人公の千早を演じる広瀬すずちゃんが、かっっっわいい!!!

少女漫画の主人公のひたむきで純粋なキャラクターとすずちゃんの弾けるような若さ・瑞々しさとがガッチリ噛み合うことですずちゃんが輝きを増していて、そのキラキラを大画面のアップで見せられたらそりゃもうメロメロなりますわ!

あ〜ちゃんも言ってましたが、穴が開くほど見ちゃいますね、こんな子いたら…



原作を読んでいない状態で鑑賞しましたが、王道少女漫画の青春、涙、にやにやするほど純粋な恋心、ちょっとしたコメディを、2時間という枠に上手く収めたなぁという印象。
少女漫画を楽しめる人なら面白く感じる映画に仕上がっています。

何よりキャストの皆さん若いのに演技も上手で器用ですね!
ドラマを見ないので知らない俳優さんばかりでしたが、特に上白石萌歌さんの表現は見る人の心を掴む好演でした。
これから注目したい女優さんです。
20160322213321527.jpeg


また、競技かるたという、音が重要なスポーツが題材のため、音に集中させる演出も映画館で見るからこそ顕著に感じられました。
上の句が読まれる直前のスローモーションに感じるような時間の密度と、その一瞬後にはかるたを弾き飛ばすスピード感は、まさに「火花」と表現するに相応しく、ヤスタカさん流石なのであります。


集中するときに耳に髪をかけるすずちゃんの横顔がまた可愛いんだ!笑





肝心の(?)エンディングに向けて気持ちを高めていた不届き者ですが、本編の音響に比べるとFLASHの高音の鳴りが満足いかない感じでした…
(これは映画館の音響の問題もあるかもしれません)

とはいえ、ライブ映えする曲であると確信したので、早くライブの良い音響で披露して欲しいです(^^)←映画館の椅子でノッてた人


3人の和服姿も見れたし、良い映画に起用していただいて、私にすずちゃんの輝きを知る機会をくれたちはやふるには感謝!
主題歌聞くだけだから上の句だけで良いやろ〜と思ってしまいましたが、下の句も見に行こうと思います(^◇^)




画像は全てオリコンさんからお借りしました。
参照:http://www.oricon.co.jp/photo/1794/

変化する者に○

2016/03/14 Mon

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。



幼いころ、初めての長崎旅行でオランダ村へ行ったことがあります。
家に飾るためにお土産として風車と少女がかたどられた、白い磁器製の置物を買って帰りました。

家に帰ってわくわくとしながら包んでいたクッション材をはがした瞬間、手が滑って置物は床へ。
風車の羽の部分がぽっきり折れてしまいました。

幼心に早めに告白した方が怒られないのではと思い、まだ玄関で荷解き中の母に恐る恐る報告したのを覚えています。
よっぽど悲壮感に溢れていたのか、怒られるどころか慰められました。
「諸行無常というんだよ。形あるものはいつか必ず壊れるから。」

小学校低学年だったと思うのですが、そのときに実感を伴って学んだ無常観というものは私の心に深く刻まれました。
変わらないものはない。
壊れないものはない。


こうして割と悟った(ような顔をして)生活してきましたが、先日ふと自分の心境についても無常を感じたのです。
さっきのは悲しい無常、これは良い無常(笑)





何があったわけでもなく、また、あったとしても些細なきっかけだったりするのでしょうが、人の気持ちは変わります。
少しずつ変わっていて、ふと気が付けば数年前の望みとは真逆のことを平気で思っていたりする。
その時の気持ちは本物なのだから、何が正しいとかはではなく、モードの問題。
波があって良いし、変わっていいし、元に戻っていいし。

だから「常に柔軟で柔らかい人でいたい」というあ~ちゃんの27歳の抱負はいいなと思いました。
そうして思ったことを言葉にして整理することは大事だと思ったので、こうして私も書き綴っています。

無常だから、Perfumeに対してでも「一生ファンです!」なんて言えないけれど、今のところはやっぱり好き。
好きだったり、そうでもなかったり、嫌いだったり、気になったり、どうでもよかったり、柔軟でいいんじゃないでしょうか。
いいかげんなファンですかね?




一方で変わらないものは尊いという価値観もあります。
先祖伝来、創業は寛政、頑固一徹、昔ながらの製法で…云々

先日プロフェッショナルで最後の職人特集をしていました。
ニッチな部分で活躍されている職人さんたちで、その方たちが業界で最後ただ一人のプロフェッショナル。
店を畳んだらその道具は今後生み出されなくなるという状況で孤独に、寡黙に、静かに闘う職人さんたちはそれは崇高な存在に思えました。

しかしそうなる前にどうにかならなかったものでしょうか。
この現代のとてつもなく早い時流の流れを読めず、自らの技を磨くことに専念していたら商売自体が窮地に立たされていたのではないでしょうか。
不運ではあるとは思いますが、次の世代を育めなかった、育まなかったのもまた自分たちの選択だと思うのです。


変わらないものは危ないです。

だからPerfumeにも変わり続けて欲しいのです。
常に予想の斜め上を行ってほしいし、期待値を軽々越えていってほしいのです。
わがままだけど、長く活動してほしい私の本当の気持ち。

「COSMIC EXPLORER」のジャケット然り、ビジュアル的にももう少し冒険していってもよいと思うのです。
物言うファンは面倒くさいのでこれ以上は言いません。
2016031401.jpg


とは言いつつ、いつも通り楽曲もツアーも期待しています。
期待を越えていってくれるだろうという予想もしています。


予想の斜め上といえば、今回の地方ばかり、九州なしのツアーも予想の斜め上でしたね。
ショックは大きかったですが、逆に良かったかもしれません。
おかげさまで徳島初上陸、思い出深いライブになること間違いなしですから。




自分の考えばかり、失礼しました!(かつ辛辣)
次はもう少しPerfumeの情報的なもの入れるように努力していく所存です!たぶん、きっと!(`・ω・´)
カレンダー
プロフィール

ぷなしめじ

Author:ぷなしめじ
このブログにたどり着く時点であなたはすでにパフュオタなのです!! (`・ω・´)ゞ
さあさあ一緒にPerfumeを支え、Perfumeに支えられましょう!
ハマればハマるほどあなたの生活もGLITTER☆
楽しいですよぉー♪

ファンの新規開拓にちょっとでも役立てばいいなと言う目線でのちブロに負けない程度の頻度で書いていければと思ってはいます!!

最新記事
最新コメント
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
名前だけでも覚えて帰ってね
twitter
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

Perfume酔い_かもしれない

syncopation!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

まさかPerfumeにハマるとは

oxipeltum

MUSIC MONSTERs

Perfume 後方支援小隊

とある四国のPerfume Fan  

Perfumeとその他

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

Pの香りに魅せられて。

P波・S波・M派
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。