2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIKIKO先生の振付について想いを馳せてみた※gifデータ有(重いです!)

2015/06/11 Thu

先日、星野源さんの新曲「SUN」の振付がMIKIKO先生だと知ったわけですが。
なんででしょう、MIKIKO先生かな?とわかるんですよね。
私がおや?と思ったのはこの手の動きでした↓
animated (2)
口を覆う手の角度、ずらし方、振付のストーリー性が“ぽい”



ここで突然の告白。

私ダンスの経験知識素養全くもってません!!!(二度目)
一体何に詳しいんだって感じですが、、、すみません。

でも見るのは好きでして。
DA PUMPが司会をしていたダンスバトルの番組、少年チャンプルもよく見ていたっけ。

知識は皆無なのですが、なんとなくPerfumeの振付の特徴を挙げてみました。
なんとなく感じる特徴ですので、別に珍しいわけでもないわ!という点もあるかも…(どんだけ自信ないんだ)





①ポージングの連続で頭に残りやすい

ダンスと聞くと。

アップ・ダウンで音楽のリズムを取る(ヒップホップ)
もしくは音をBGMに流れるような美しい動き(バレエや社交ダンス)

素人としてはそんな連想しかないのですが。
Perfumeの動きはそのどちらにも当てはまらないな~

「何のジャンル?」ってよく聞かれるんですけど、やっていたバレエ、ヒップホップ、ジャズの要素がミックスされつつ、自分の体形に合うスタイルになりました。
今のPerfumeがやっているような振りは何ジャンルかと良く聞かれますが、ジャンルは分かんないです(笑)。


出典:Perfumeの振付師MIKIKOの新たなる挑戦! ダンスカンパニー「イレブンプレイ」と初公演「dot.」に迫る

先生自身も分からないから仕方ない(笑)

私はそもそもダンスのジャンル分けがよくわかっていないので、まとめサイトを読んで軽くお勉強。

【ヴォーギング】
ポージングを中心としたダンスである。顔の周りに手を添えたり、頭の後ろから手を回したりする難しいポーズを、一定間隔で繰り返しながら踊るのが特徴です。
出典:ヴォーギング(ヴォーグ)とは

説明的にはこれが近いか?(動画はあまり近くないけど)

そのポージングが印象深く、CUTEさを兼ね備えていること。
早く踊りすぎず、目で追える速さでしっかりポージングを魅せる。
ゆえに頭に残りやすく、真似したくなる。

っていうのがMIKIKO先生の振付の特徴だと思います。





②音を際立たせる

音楽をBGMにして主役を張るダンスもあれば、音を際立たせるダンスもある。
ダンサーではなくアーティストのPerfumeには後者の振付が必要で。

ダンスを見て初めて聞こえてくる音もある。

特にそれを感じたのはRelax In The Cityの冒頭。
エレピっぽいゆったりとしたメロディにズンチャカとしたリズムのサウンドがプラスされる場面。
三人が弾むような動きをすることでそのリズムを打つ音が際立つこと!!

animated (3)

視覚を通して意識していなかった音が聞こえてくる。
こういう経験はみなさんあるのでは無いでしょうか?




③歌詞を際立たせる

これは言わずもがな。
曲を聴いていてついついフリを真似してしまう所以でもあります。


「ワンルーディスコ・コ・コ」
「なんだって少な“目”」
「ナチュラルにキスをしてよね」
「きっと僕らが生きている証拠だから」

MIKIKO先生の振付の基本ですから、上げるとキリがないですね。
歌詞を見ればダンスが出てくる、ダンスを見れば歌詞を思い出す。

animated (1)

歌詞とリンクした振付というのは、ともすればダサく、幼稚になりがちです。
「私」という歌詞でそのまま自分の鼻を指さしたら、お遊戯も同然ですから(´∀`;A

MIKIKO先生の振付はすこしひねったり、洗練されてオシャレだったり、全体としてのバランスもやりすぎないのでその落とし穴にはまらないのでしょうね。センスの塊か!!!




④曲の世界観を守る

MIKIKO先生の仕事は振付、演出。
すべてを思い通りに演出できるのは自身のダンスカンパニーelevenplayくらいで、他の仕事には当然クライアントがいるでしょう。
また、アーティストに振りを付ける場合、ダンスは主役ではなく、曲をより魅力的に伝える媒体の役割をしなければなりません。

そうした点でも先生はプロ。
CM、アーティスト、舞台、アニメ、様々なworksにひっぱりだこですが、MIKIKO色がありつつもちゃんと求められている方向で応えられるのが素晴らしいです。

星野源さんのSUNのワンシーン。
「70年代のダンスクラシックをイメージした」という楽曲に合わせた、ちょうどいい古っぽさを演出するダンス↓
animated.gif


ーPerfumeのあのスタイルって意図的に創り上げたんですか?
実は、全然意識したことはなくて、ただただ3人に似合う振り付けをと思って作りました。


とインタビューでおっしゃっているので、それぞれの踊り手に似合うものを!っていう意識が曲の世界観を守る結果に結びつくのかもしれませんね。




ど素人によるMIKIKO先生論いかがでしたでしょうか(汗)
いろいろ書きましたが、実は先生自分で解説していることに書いている途中で気が付きました(汗)


素人なりに考えたこともそれなりに的を射てる・・・?


Perfumeの新譜が出てもパフォーマンスを見てからでないと好き嫌いさえ判断しがたい、その要因がMIKIKO先生にあることは間違いありません。
これからもそのダンスセンスで私たちを魅了し続けてください!!





ところで初心者マークの車の運転センスの方は・・・??




・・・かわいい(笑)

くれぐれも安全運転で行きましょー!!
スポンサーサイト

感じ方は人それぞれ

2015/03/20 Fri

3月18日、Perfumeがインタラクティブメディアの祭典「SXSW Interactive」に出演しました。
日本時間の午後3時にYouTubeにて生中継された映像を後ほど見て、その近未来的な技術に私は思いっきり度肝を抜かれ、惹き込まれました。





特にその中継された映像は、各カメラからカメラに飛び移りながら写すような革新的なスイッチングで、私はこんな映像を見たことがなかったです。

途中で会場をモデル化した3Dの空間から飛び出して、会場外から踊る3人が透けて見えるような映像はもはやSFの世界で。





CGとライブ映像とを合成しているんだろうとは思いますが、観客も存在するままで切り替えが行われている部分もあるし…
うーん、どうやっているんだろう??


1つ分かるのはこの映像が現場では見れていないことですね。

見えていたら唖然として声を失い、あ〜ちゃんのソロダンスのときに『あ〜ちゃーん』なんて声掛けられないはず( ̄▽ ̄)





3人が持った半透明のボードには斜め上の方からマッピングされているようですが、ボードを持って三角形を形作ってクルクルと回っても絵が歪むことなく投影されています。

20150320181038a94.jpg



ボードを持ったまま客席から見て3人が立面的に重なりながらすれ違う間も、充分な隙間があるようには見えませんがそれぞれにマッピングが施されています。

201503201811505ae.jpg


もう、これは笑えるほどかっこいい!!!!

カンヌを越える、さらなる大きな話題を呼んでいることだろう!!!



とPerfumeファンの反応をTwitterでチェックすると、かっこいい!!って好意的な人がいる一方で、ナニコレ??技術モリモリでPerfumeミエネ!!とあまり好意的でない人も何人かお見かけして驚きました。



凄く当たり前のことですが、Perfumeファン同士でも、Perfumeのことですらも、感性や感覚は人それぞれだなと改めて。


感覚の部分を論じ合っても中々結論は出ないので詮無いことではありますが、私の個人的な意見は以下です。





①Perfumeでなくてもいい、でもこの場はPerfumeだからこそ得られた
②初お披露目は緊張とワクワクの宝庫
③演出は一つの武器




①Perfumeでなくてもいい、でもこの場はPerfumeだからこそ得られた

私としては、Perfumeが見えないことは全然問題ないです。

極論を言えば、今回のパフォーマンスに関してはPerfumeである必然性はない。
ほかの誰か(例えばELEVENPLAY)でも十分成り立つと思います。


しかし、これだけ手間もお金もかけて、海外に招かれて、全世界に生中継出来たのはPerfumeというネームバリューがあるから。

やりたい、使ってみたい、試してみたい技術を『おもしろそう!』と受け入れる度量がPerfumeチームにある、それはとても頼もしいことではないでしょうか。



②初お披露目は緊張とワクワクの宝庫

それにメンバー本人たちもきっと、ライゾマさんなど関係スタッフの大仕事を披露するため、自分たちはとにかく間違えないことに集中して燃えていたはずです。

緊張しすぎて楽しさなんてないかもしれない。

それでも常々スタッフへの感謝を述べる3人のことですからきっと、滅私して黒子になってでも、裏方の努力の成果をきちんと披露することに大いにやり甲斐を感じていたことと思います。

挑戦無くして進化なし。

見るのはPerfumeのファンばかりではありませんから、ここから興味を持ってもらう糸口にもなり得ます。




③演出は一つの武器

スポットライトだけでも、スタンドマイクだけでも、あるいはあ〜ちゃんのウインク1つでもファンを興奮させることは出来るでしょう。

でもそれに加えてこんな事も出来るなんて、王も金も銀もある上に、角やら飛車まで持っているようなものです。

ライブ全体がこういう方向になる訳ではないだろうし、先鋭的でかっこいいPerfumeという一面を補強してくれるこうした演出は大歓迎!

しかもその演出と技術がPerfume大好きなスタッフから生み出されるなんて最高です。

愛着と自信や誇りが伴わなければ良いモノづくりは出来ませんから。






いろいろと書きましたが、端的に言うと、

かっけーー!!!こんなの見たことない!!

しかもこれをPerfumeで!?海外で!?
その後のいつものライブもイイね!!
緊張してる顔もかわいいよ、あ〜ちゃん♡

かっこいいPerfume見せてくれてあっざま〜す\(^o^)/

って感じです笑




ここまで読んで頂きありがとうございました。
チゲーヨ!何言ってんだコイツ…と言う方もいらっしゃるでしょう。

もしも意見が合わなくても、こんなに考えるなんて、Perfumeが好きって気持ちは貴方も私も一緒ですね、きっと(^-^)/

ヤスタカの音

2014/12/23 Tue

かしゆか誕生日おめでとう!でも全く関係ない記事でごめんね^_^;


ライブビューイングの感想で書き忘れていたことが一つ。

ライブ中盤、衣装チェンジのブレイクの際、Spending All My Time(dv&lm remix)が流れました。
レーザーと相まって会場はさながらダンスフロアに変貌、途中から三人も再登場して全体としてとてもかっこよかったです。


(dv&lm remix)Ver.をしっかり聞くのは初めてでした。
それでもはっきりと分かったこと…

これは、ヤスタカの、音じゃない。


このremixはアメリカのレーベルからLEVEL3を発売する際に目玉として入れたボーナストラックで、ヤスタカがわざわざ音をバラしてまで他人に曲を触ることを許したレアな曲。

そんなスペシャルな曲を聴いて残念に思うのは、バラした故に音がかなり変わってしまっていたこと。
そして足し算になってしまい、余白のないダンスミュージックの様相を呈していたことです。

ヤスタカのキャッチーで心の臓を突くようなストレートな力強いサウンドは鳴りを潜め、宇宙のような浮遊感とそれに乗って耳の上をさらっと流れ行く音の洪水。
極端に言えばそんなイメージでした。

もしも、これが、You◯ubeにアップされていたものだとすれば、私は拍手しお気に入り登録、コメントしてツイッターで拡散していたでしょう。
好きだよ、そりゃもちろん。

しかしライブで、ヤスタカの音楽の途中から突然流されるとやっぱり贅肉が多い音に聞こえたし、何より三人が踊るということを前提に作曲された原曲との違いは明らかでした。


アメリカのコアなファンは原曲とremixのどちらを好むのか純粋に気になるところではあります。
コアなファンがただただノレるremixを選ぶのでは、Perfumeのアメリカでのさらなる飛躍は難しいとすら感じてしまいます。
だって私はPerfumeは総合芸術だと思っているから。
三人が踊る余白のないremixが受け入れられるのであれば、イコールそれは三人でなくたって、踊れる曲ならなんでも良いってことになる。


だらだら書いてしまいましたが、まとめ。
remixが聴いて逆説的にヤスタカについて思うこと。

・Perfumeは曲だけで完成するのではなく、ダンスをつけて完成することをヤスタカは分かっていて、敢えて行間を残すような曲を作ってくれている。

・ヤスタカの音は力強い。かつ音の運びはカッコつけすぎず、シンプルで馴染みやすく覚えやすい。
(その後何度も(dv&lm remix)Ver.を聴いているが覚えられないのは記憶力のせいではないはず…笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、このremixに乗せたパフォーマンス中のダンスで好きなシーンがありました。
2010年のドームでのPerfumeの掟のワンシーンに似ている、腰を割るような動き。

この場面のような↓




一瞬そんな印象を受けただけなので果たして本当にこんなダンスがあったか分かりませんが^_^;
それでも、やっぱりPerfumeは総合芸術だなぁ。

少なくとも私にとっては、そう。

カレンダー
プロフィール

ぷなしめじ

Author:ぷなしめじ
このブログにたどり着く時点であなたはすでにパフュオタなのです!! (`・ω・´)ゞ
さあさあ一緒にPerfumeを支え、Perfumeに支えられましょう!
ハマればハマるほどあなたの生活もGLITTER☆
楽しいですよぉー♪

ファンの新規開拓にちょっとでも役立てばいいなと言う目線でのちブロに負けない程度の頻度で書いていければと思ってはいます!!

最新記事
最新コメント
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
名前だけでも覚えて帰ってね
twitter
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

Perfume酔い_かもしれない

syncopation!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

まさかPerfumeにハマるとは

oxipeltum

MUSIC MONSTERs

Perfume 後方支援小隊

とある四国のPerfume Fan  

Perfumeとその他

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

Pの香りに魅せられて。

P波・S波・M派
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。